研究・教育Research / Education

当科の研究・教育内容をご紹介します。

2014年5月から新病院での診療がスタートし、さらなる臨床の充実を図っています。
また、女性医学、周産期医学、腫瘍学などの多様な領域で研究に取り組んでいます。

ご挨拶

愛知医科大学病院の産科・婦人科では、女性医学や周産期医学、腫瘍学などの領域で多様な研究を行っています。私たちがめざすのは、研究の成果を臨床に反映させることです。研究自体を目的化するのではなく、「患者さんのために何ができるのか」という視点を常に持ちながら研究を進めています。また、大学病院において先端的な研究に取り組むことは、次の時代を担う医師を育成する上でも重要なことです。臨床での診療能力と高度な研究力を兼ね備えた医師を育成し、地域医療に貢献したいと考えています。

愛知医科大学病院 産科・婦人科部長

若槻 明彦

研究内容

研究面において、周産期医学では妊娠高血圧症候群の病態解明を中心に、腫瘍学では新しい内容について、また女性医学では女性の予防医学を中心に研究を行っています。特に女性医学には力を注いでおり、1)エストロゲンと動脈硬化(血圧や脂質、糖尿病など女性内科が中心)、2)骨粗鬆症、3)子宮内膜症、4)ホルモン療法(ピルやHRT)など幅広く研究を行っており、国際ジャーナルにも数多く掲載されています。

論文一覧

表題 掲載誌名 開始頁 終了頁 著者・共著者 発行年月
Effect of the methanol extract of the Lion's Mane mushroom, Hericium erinaceus, on bone metabolism in ovariectomized rats Clin Exp Obstet Gynecol 47 1 47 52 Morita N, Matsushita H, Minami A, Shimizu S, Tachibana R, Kanazawa H, Suzuki T, Watanabe K, Wakatsuki A 20200200
Dietary sesame diminishes bone mass and bone formation indices in ovariectomized rats Clin Exp obstet Gynecol 47 4 546 51 Tachibana R, Matsushita M, Minami A, Morita N, Shimizu S, Kanazawa H, Suzuki T, Watanabe K, Wakatsuki A 20200400
Mitigation of memory impairment in ovariectomized rats using garlic powder treated with subcritical water. Biol Pharm Bull 43 3 546 9 Minami A, Mikami Y, Kano T, Matsushita H, Fujita Y, Yoshimura M, Abe Y, Watabe H, Hara M, Kurebayashi Y, Takahashi T, Kanazawa H, Wakatsuki A, Suzuki T 2020
Endometrial cancer arising from adenomyosis: Case report and literature review of MRI findings Radiol Case Rep 15 4 427 30 Izumi Y, Yamamoto T, Matsunaga N, Ota T, Owaki Y, Shinohara K, Tsuzuki T, Suzuki K. 202002
Neuroendocrine carcinoma of uterine cervix: Stereotactic radiotherapy for brain metastasis and stereotactic body radiotherapy for renal and pancreatic metastases Cureus 12 6 e8869 Mori Y, Kida Y, Matsushita Y, Mizumatsu S, Hatano M, Morita N, Tsuzuki T 202006
Placental hypoplasia and maternal organic
vascular disorder in pregnant women with
gestational hypertension and preeclampsia
J Matern Fetal Neonatal Med 34 3 353 9 Owaki Y, Watanabe K, Iwasaki A, Saitou T, Matsushita H, Wakatsuki A 202102
Insufficient thrombopoietin due to hepatic dysmature results in thrombocytopenia in small-for-gestational-age rats Br J Haematol 192 4 e105 8 Takeshita S, Kakita H, Toriuchi K, Aoki H, Ueda H, Wakatsuki A, Yamada Y, Aoyama M. 202102
Effects of androgenic properties of progestin combined with ethinyl estradiol on vascular endothelial reactivity, plasma lipids and free radical production in women with endometriosis J. Obstet. Gynaecol. Res. 47 3 941 8 Sakurada T, Matsushita H, Noguchi Y, Shinohara K, Watanabe K, Wakatsuki A 202103
Patient-reported outcomes after surgery among patients with gynecological
diseases in Japan.
J Psychosom Obstet Gynaecol 42 1 157 61 Ueno T, Watanabe K, Ikemoto T, Matsushita H, Kawanami K, Arai YC, Wakatsuki A 2021
Effects of royal jelly on bone metabolism in postmenopausal women: a randomized, controlled study. Climacteric 24 2 164 70 Matsushita H, Shimizu S, Morita N, Watanabe K, Wakatsuki A 2021
Hypoalbuminemia is related to endothelial dysfunction resulting from oxidative stress in parturients with preeclampsia Nagoya J Med Sci in
press
Saitou T, Watanabe K, Kinoshita H, Iwasaki A, Owaki Y, Matsushita H, Wakatsuki A 2021

教育

愛知医科大学産婦人科学講座は、年間1,000症例近くの手術を行っており、なかでも腹腔鏡下手術が中心です。平成29年3月には子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術で先進医療を獲得しました。また、周産期センターも2013年に地域周産期母子医療センターに認定されています。母体搬送症例数も多く、日夜新生児医師と連携しながら取り組んでいます。
外来は毎日行っており、手術日は週2回、回診,医局カンファレンス、周産期カンファレンスは週1回です。愛知医科大学病院では2014年5月より新病院での診療がスタートし、産婦人科ではより多くの病床数で臨床の充実を図っています。

当診療科は以下の施設に認定されています。

  • 日本専門医機構 産婦人科専門 研修プログラム基幹施設
  • 日本女性医学学会 研修認定施設
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 認定研修施設(腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 施設基準適用)
  • 日本周産期・新生児医学会 母体・胎児認定施設(基幹施設 施設番号 PA23027)

愛知医科大学病院 産科・婦人科 Aichi Medical University Hospital

〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1番地1

Copyright © Obstetrics and Gynecology Aichi Medical University All Rights Reserved.

page top